株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年6月18日 未分類

ABLとファクタリングの違いについて

ABLとファクタリングの違いについて

ABLとファクタリングの違いについて

ABLとは

資金調達の手段として語られるABL。このABLとは、「アセット・ベースト・レンディング」とは、売掛債権や動産などを担保として、融資をうけるものです。ABLとは日本語では、売掛金担保融資、動産・債権担保融資のことです。売掛金や、商品、機械設備、農産物などの資本をもとに融資を受ける方法ですね。ABLと従来の資金調達との違いは、不動産を担保にする必要がないというメリットがあることです。少しでも気軽にできる資金調達ですね。ABLを上げるとファクタリングと似ているなと思いますが、大きく違う点があります。まず基本的なファクタリングについて説明します。

ABLとファクタリングの違いについて

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社が買取を行い、資金調達を行うサービスです。ファクタリングは日本語で表現すると、売掛金債権譲渡という意味になります。このファクタリングと、ABLは不動産を担保にしなくていい資金調達という点では似ているきがしますが、その違いとは何か説明します。
▽審査のいろいろ
ABLは銀行融資などと同じように資金調達をしたい本人への審査になります。なので税金を滞納していたり、業績がうまくいっていない場合は信用力がないとされABLの取引が難しくなります。一方ファクタリングは売買したい売掛金への信用が重要となります。売掛先の信用審査になりますので、たとえ業績が悪かったり滞納があったりしても売掛先が大手だったり、信用力のある会社ならファクタリングすることは可能です。また審査の厳しさの点でも、ABLの場合、担保となる資産にどれくらいの価値があるのかを審査します。なのでその担保の価値が低かった場合、融資がうけられなくなるので審査は厳しいといえます。ファクタリングは、ABLに比べ審査は緩やかといえます。
▽資金調達のスピード
ABLの場合、融資実行までに時間がかかることは多く、平均で2~3週間かかるのが一般的です。銀行融資なども融資実行までに時間がかかる印象がありますよね。今すぐに必要というときに便利なのがファクタリングです。ファクタリングの特徴として、審査結果を最短当日にだ翌日には入金というファクタリング会社が多く、とてもスピーディーに対応してくれるのが特徴です。急な入用でも安心ですね。
▽金利・手数料などの費用など
ABLは借入、ファクタリングは買取という形になるので、金利と手数料という点で費用が変わってきます。金利の場合、借入した金額、期間、会社の信用性などにより決まってくるため人それぞれ変わってきます。ファクタリングの場合は、一回の取引に対し、一回の手数料ということになります。また共通の費用として、登記費用が掛かります。ファクタリングもABLも動産又は債権譲渡登記を行うことが必須な条件なので(資金調達サービス会社により変わる)この費用が掛かります。
▽対応可能金額
ABLとファクタリングでは資金調達の上限金額も変わってきます。ファクタリングの場合、融資ではなく譲渡、つまり買い取ってもらうサービスなので、必要な資金分以上の売掛債権がないといけません。手数料を差し引かれた分の債権額が手元に残るので希望金額以上の債権があれば安心です。また、債権を全額かいとってくれるわけでなく、一部のみの買取もあるので注意が必要です。またそれと比べ、ABLは審査さえ通れば必要なだけの資金を調達することが可能です。信用力が高ければ必要なだけ調達できますが、信用力が低い場合、希望金額に届くかは難しいので個人次第となりますね。

まとめ

このように一見似ているよに思われるABLとファクタリングですがまったく別の資金調達手段です。特におすすめなのがファクタリングで、滞納などがありほかで融資などの審査が通らなかった場合でもしっかりとした取引先の債権なら資金調達ができるのでおすすめの方法です。実行までの期間もスピーディーなので活用してみてください。