株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年7月3日 コラム

専門業者と銀行等のファクタリングの違い

専門業者と銀行等のファクタリングの違い

金融機関のファクタリングって専門業者と同じなのか?

メガバンクをはじめ、都市銀行や地方銀行もファクタリングサービスを提供しているところが増えています。ファクタリングを専門的に行っているファクタリング業者のファクタリングより、銀行などの金融機関が提供するファクタリングのほうが手数料は安い場合が多く、銀行の母体が大きければ大きいほど手数料も安価のようです。もちろん、銀行や信用金庫のファクタリングを利用できればそれにこしたことはないですし、だれもが初めに銀行のファクタリングを考えるはずです。融資と同様に手数料の安さは、メガバンク、都市銀行、信用金庫、ノンバンク、民間企業という順なのはファクタリングも同じです。ですが銀行などの最大のデメリットは、審査の厳しさですよね。もし、審査が通ったとしてもファクタリングで主流の二社間ファクタリングではなく、基本は売掛先の承諾が必要な三社間ファクタリングとなってしまうでしょう。また、限度額も制限されることが多く希望通りの資金調達ができない場合が多いです。ファクタリングのメリットといえば、スピーディーに資金調達ができ審査も売掛先への審査が基本なため、赤字など経営状況が悪化していても審査が通ること。金融機関のファクタリングだと、ファクタリングのこれらのメリットが得られない場合が多いです。

金融機関のファクタリングは今後の融資等に影響を与える可能性がある

売掛先の承諾を得て、いざ銀行にファクタリングの審査をしたのちに、審査が通らなかった場合のことを考えてみてください。ただ審査に落ちるだけならいいのですが、悪い味方をすれば、ファクタリングを申し込むということは、売掛先は「経営状況が悪いのか」と判断されてしまいます。今後の付き合いに影響する可能性も十分考えられます。また、銀行によってはその後の融資の申し込みの際、審査が通らなくなる原因となったり、すでに借入している融資の早期引き上げ等を検討される要因となったりします。本当に金融機関のファクタリングが必要なのかを判断し、最善の注意を心がけてください。

ファクタリングのメリット台無し?対応のスピードについて

銀行ファクタリングの最大のデメリットは、対応のスピードです。ファクタリングが必要なときは即日対応が望ましい状況が多いと思いますが、銀行等の金融機関のファクタリング金融機関のファクタリングは2週間から3週間の期間は最低でもかかってきます。資金不足は数日の遅れが事業の存続にかかわってくるので注意が必要です。

まとめ

手数料の安さをみれば絶対銀行等の金融機関のファクタリングが魅力的ですよね。ですがファクタリングの承諾をお願いして関係が悪くなってしまったり自社の信頼が落ちて今後の取引に影響が出たり、審査に何週間も費やしている間にますます経営状況が悪化してしまったら元も子もありません。銀行だけを信用するのではなく、きちんと調べて信頼のできる民間のファクタリング専門会社などを探してみることが大切だと思います。