株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年7月12日 コラム

ファクタリングの平均利用額はいくら?

ファクタリングの平均利用額はいくら?

一般的な買取額の割合

借入や融資などはまとまった大きな金額の資金調達に多く利用されるため、ファクタリングに対しても同じイメージをもたれる方が多いと感じます。ファクタリングを利用している方々はどのくらいの金額で利用しているのか平均利用額を調べてみましょう。平均して一番多い買取額が、100万円~200万円で全体の約33%、次に100万円未満で23%となっているんです。全体と合わせてみると、利用者の過半数が少額利用だということがわかります。500万円未満の利用が9割というほど少額利用者が多いのがファクタリングです。運転資金や支払や返済などの為にスポット的に利用するのに向いているファクタリングでは、少額利用者のほうが多いようです。1000万円以上の大口利用者は全体の4%ととても少ないですね。少額債権ばかりの小売業などでも気軽に利用できるファクタリングです。

法人と個人の割合

個人でもファクタリングができるの?と思っている個人事業主の皆様。ファクタリング会社によっては個人事業主との契約ができないところもありますが、全体のファクタリング利用者の割合をみると、法人が65%、個人事業主が35%となっているようです。約4割が個人事業主で、その利用金額は100万円以下となっているようです。ファクタリング会社は融資などの銀行審査とは違い、利用者本人よりも売掛先の信用調査がメインになってきます。なので個人事業主でも法人と変わりなく審査を受けることができるのがメリットですね。個人事業主を対応しているファクタリング会社を探してみてはいかがでしょうか。

高額買取を希望のとき

少額利用者が基本のファクタリングですので、大体利用額が300万円をこえる場合ファクタリングでは高額案件として扱われます。ファクタリング会社により異なるとは思いますが、基本的に300万円をひとつの目安として考えてよいでしょう。もし300万円を超える金額でファクタリングを考えてる場合は少額取引よりも手数料交渉ができる可能性があります。ファクタリング会社からしても少額の取引よりも高額取引のほうがメリットがありますよね。たったの1%でも手数料が安くなれば3万円も変わります。会社経営をしていると大きな金額を目にする場面が増えるので3万円といわれてもピンとこないかもしれませんが、小さな積み重ねが経営状況に大きくかかわってくるのです。少しでも費用を抑えてファクタリングを利用できるといいですね。