株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年9月11日 コラム

短期で事業資金を調達するときのポイント

短期で事業資金を調達するときのポイント

短期融資の特徴

経営にとって事業資金の確保は誰しもが悩む種のひとつ。さまざまな資金調達方法を把握しておくことは会社経営においてとても重要です。その中でもつなぎ資金など急な入用の為に資金調達する場合つなぎ融資などの短期融資についてピックアップしてみます。短期融資とは返済期間が1年未満の融資のことで、一時的な資金不足解消のために利用されるのが一般的です。短期融資は長期融資と比べ、金利が高くなっています。ですがその反面、審査が長期融資よりスピーディーに対応してくれたりというメリットもあります。一時的な資金不足に陥った時は大抵すぐに必要な急いでいる場合がほとんどなのでありがたいポイントですよね。

つなぎ融資に最適の資金調達

つなぎ融資は、突発的に必要となる運転資金を用意するためにうける融資や、ほかの資金調達先での審査などで実行までに時間がかかっているときにその間を埋め合わせするために使用する融資のことです。短期間で急に必要な場合がほとんどなので実行までにスピーディーな対応をしてくれる資金調達が向いています。例えば、ノンバンク、公的制度や不動産担保ローン、手形割引、ファクタリングなどです。これらの資金調達でも会社によって審査などかかる時間はそれぞれなので事前に確認は必要ですが、中でもファクタリングはどこの会社も最短即日~とうたっているところが多いのでつなぎ資金にむいている資金調達方法ですね。急な資金調達がかさなるような経営状態だと、赤字決済だったり債務超過に陥っている状況も多いとおもいますが、そういった場合でも売掛先がしっかりしていれば審査がとおるのがファクタリングなのでとてもつなぎ資金の調達先として向いています。

「短期」が向いている場合

短期で資金調達を行いたいときは、明確に資金が必要な理由を考えておく必要があります。資金不足の理由と使い道をはっきりと説明することにより、融資をうけやすい流れを作ることができます。銀行などの金融機関では設備資金の審査はわりと通貨しやすいものの、運転資金に関する融資の審査は返済能力への信用度が低くなるために通りにくくなる場合が多いです。そのためにも、会社の現状などをきちんと理解し説明し、今後の事業の見通しの計画を伝えて根拠を示したりすると審査が通りやすくなったりします。

資金繰りの改善にはファクタリング

売掛金などの売掛債権を買い取ってもらうことで資金調達をするファクタリングは、一時的な資金不足に向いているのでつなぎ資金に適しています。借入ではなく買取なので、会社の負債にはなず、一回の買取で入金があり次第戻すという形になるので、月々の返済もないので負担も少なくなります。使用用途も限定されず自由なのでさまざまなパターンで利用できます。ファクタリングの審査も売掛債権への審査が中心となるので経営状況に左右されずに資金調達が行えるのもメリットです。