株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年9月23日 コラム

ファクタリングのメリットまとめ

ファクタリングのメリットまとめ

銀行取引に影響を及ば差ない

ファクタリングを初めて利用する方に一番多い相談内容は、銀行に知られたときに融資等銀行取引に影響を及ばすのではないかということです。二社間ファクタリングの場合、利用者とファクタリング会社の二社間で取引を行うため、債権譲渡をすることを売掛先や取引銀行へ通知をしたり承諾を得ることが一切不要となります。なので誰にも知られずにファクタリングすることが可能です。万が一、ファクタリングを利用してることが銀行に知られてしまったとしても融資などが打ち切りになったりすることはまずありません。もしなってしまったとしたらなにか別の原因があることが考えられます。ファクタリングは銀行でも行われているサービスなので安心してご利用できます。

負債とならない

ファクタリングは譲渡契約、あくまで売買取引なので、借金や融資とは全く別のものです。融資契約ではないため利息や金利などは発生しませんし、もちろん返済の必要もありません。かわりに買取の際手数料は発生しますが、一回の取引に対して一回の手数料のみです。毎月の返済は会社にとって大きな負担となりますが、ファクタリングなら資金繰りを圧迫するような負債が発生しないので安心です。

リスク回避ができる

支払期日がきているのにも関わらず売掛金を回収できない、売掛金が未回収になるかもしれないリスクがあります。売掛気が未回収となると、資金計画が崩れ資金繰りの悪化に影響を及ぼし、取立のために時間と労力が奪われます。ですが、ファクタリングを利用し売掛金を支払期日前に現金化しておくことで入金日に未回収となるリスクをなくすことができます。もし、ファクタリングで買い取ってもらった売掛金がなんらかの理由で回収できなかったとしても、ファクタリング会社へ返済する必要は一切ありません。買取をしてもらった時点でその債権はファクタリング会社のものなので一切責任はなくなります。

省庁推奨の資金調達方法

日本の多くの企業は借入に依存しながら経営を行っている会社ばかりなのが事実です。その負債により資金繰りが悪化し、倒産等に至るケースが多くあります。こういった状況を回避するためにも負債にならない資金調達方法で会社の資金繰りをよくしていこうと、経済産業省や中小企業庁、全国信用金庫連合会などはファクタリングを推奨しています。近年認知度や利用者が増えてきてはいるものの、まだ日本ではファクタリング自体を知らない方のほうが多く、借入に依存している企業がほとんどです。

黒字倒産、連鎖倒産を回避

売上があり、損益計算書上では黒字であるのにもかかわらず、手元の現金がなく倒産してしまういわゆる黒字倒産となってしまう会社も少なくありません。また、取引先が倒産してしまいその影響で資金繰りが悪化し倒産してします連鎖倒産もあります。このように売り上げがあるのに倒産したり、取引先に巻き込まれ今まで積み上げてきた会社がなくなってしまうことはあまりにむなしいですよね。黒字倒産の原因のひとつは掛け取引にあります。掛け取引をすると売り上げは成立しますが現金となり手元に資金がくるのは支払サイトにもよりますが数か月後となります。経営をしていると支払いなどでどうしても現金が必要になります。いくら売上がたくさんあったからといって現金が手元になくては資金繰りは悪化してしまうのです。こういった状況を打破するのにふさわしいのがファクタリングです。入金日前に資金化するファクタリングを利用し、現金を用意することで経営をうまくまわせるようになります。