株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年9月25日 コラム

仮想通貨でファクタリング?「Versara」とは

仮想通貨でファクタリング?「Versara」とは

Versara(ヴァーサラ)とは

米国から始まり日本でも主流となってきたファクタリングですが、米国ではすでに新しい仮想通貨を活用したが登場しています。仮想通貨で行うファクタリングのことを「ヴァーサラ(Versara)」といいます。従来のファクタリングは、売掛債権を現金化する資金調達することのことです。売掛債権ををファクタリング会社が買い取ることにより、入金日より前に現金化できるというものです。このように売掛債権の現金化にはファクタリング会社の資本を使用していますが、ヴァーサラの場合その資本はフィアット投資家や仮想通貨投資家からの出資で賄われます。これによって、従来のファクタリングの悪い部分が軽減されます。まず買い取る側、ファクタリング会社側からのメリットは、買取ったはずの債権を多重譲渡される心配や、貸し倒れされるリスク、横領されるリスクが軽減されます。債務者側からは、法外な高い手数料を請求される心配がなくなること、取引先に債権譲渡を知られるリスクが減ります。これらのどちら側からの懸念される点は従来のファクタリングでは避けようのないものです。ですがヴァーサラでは、債務者との間にヴァーサラがはいり、ヴァーサラに投資するひとがはいることでかなりのリスク軽減になるのです。

しくみについて~フィアット通貨とフィアット投資家の役割

フィアットとは、日本円やドルのことで直訳すると法定通貨という意味です。フィアット投資家とは、一般的な投資家のことです。仮想通貨投資家というのは、ヴァーサラで使える仮想通貨でヴァーサラに投資を行う投資家のことです。この二つはヴァーサラの信用を高めるのに必要不可欠な存在でとても重要な役割を持っています。簡単にいえば、「フィアット投資家」は、売掛金の買取代金を担当し、「仮想通貨投資家」は売掛金の担保を担当しているというイメージになります。

▼フィアット投資家の役割
売掛金の買取代行を担当しているイメージといえば簡単でわかりやすいですが具体的にその役割を説明します。フィアット投資家が投資したお金は、①まず、フィアット投資家が投資したお金はヴァーサラ本体にプールされます。②プールされた資金は売掛金の買取代行に使用されます。③支払期日に売掛先からヴァーサラに本来の売掛金が支払われます。④支払われた売掛金をもとに、フィアット投資家に元本と利子を配当する という流れです。フィアット投資家の配当は、買取った売掛金が無事にヴァーサラに支払われると得られるような仕組みになっています。もし、売掛債権が不渡りになってしまい払われなかった場合はどうなるかというと以下の役割が生かされます。

▼仮想通貨投資家の役割
売掛金の担保のような役割を果たしている仮想通貨投資家ですが、具体的にいえば、ファクタリングが貸し倒れた際の保険として機能しています。仮想通貨投資家が支払ったお金はファクタリングが貸し倒れとなったさいの保険として使われるので、フィアット投資家に元本や利息を払えない状況になってしまったときに代わりに投資家が支払う代金として使用されます。なのでもし貸し倒れとなってしまった場合、損害をうけることとなってしまいますが、その分配当も高くなっています。