株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年10月2日 コラム

与信管理の基本

与信管理の基本

与信管理とは

与信とは、取引相手に信用を与えること、つまりあとから報酬が支払われる前提で仕事をすることです。頻繁に取引をする相手に対し、毎回前払い取引や現金取引をおこなうのは効率が悪いですよね。国内では代金が支払われる前に商品やサービス等を提供する信託取引が一般的となっています。とても便利な取引方法ですが、支払期日に支払われないというリスクが常についてきてしまします。そこでこのリスクを回避して軽減させ収益を増やすために行うのが「信託管理」です。

与信管理の方法

与信管理をおこなうには、この企業と取引しても問題はないのか、収益を何%まで増やしても平気なのか、不渡りになったりする可能性はないのかを調べます。与信管理は一般的に信用調査と信用限度の設定のふたつに分かれます。まず、信用調査は集めた情報をもとに支払能力があるのかを確認します。調査方法として、直接訪問して調査をする方法や過去の取引履歴を確認する方法、信用情報機関を使い情報収集をおこなう方法と大きく3パターンあります。与信限度の設定とは、銀行融資でいうところの融資限度額のようなもので、この企業といくらまで与信取引をしてもいいのかを決めることです。与信限度の設定をせず、与信取引をたくさんしていると、その会社が倒産してしまったときにうけるダメージが高くなってしまいます。一般的には相手の純資産の10パーセントを与信取引枠に設定している企業が多いです。それ以上の取引を行う場合は、前払い取引としたり、現金取引にする場合が多いです。

リスクヘッジは保証ファクタリング?

確実に与信管理をして何かあったときに保証して欲しいという場合や、与信管理を人をさけない場合には外部に与信管理を委託するとう手もあります。特におすすめなのは保証ファクタリングです。保証ファクタリングとは、ファクタリング取引にかける保険のようなもので、入金の遅延があった場合や、倒産してしまったときに一定割合の支払を保証してくれるファクタリングサービスです。利用するのに通常のファクタリングの2者間取引同様に、取引先に知られずに申し込むことが可能です。与信管理も一緒におこなってくれるので外部に委託したい場合でも保証ファクタリングは可能です。全額保証されるわけではないですが、規模が大きく入金遅延や倒産されてしまったら損害が大きいという場合には大きな効果が発揮されることでしょう。
保証ファクタリングのほかに、個別債権保証というものがあります。これは予算の関係で、保証ファクタリングが難しい場合や多くの企業と取引していないときにおすすめの方法です。自社で与信管理の体制がととのっていて、多くの企業と取引をしていないときは個別債権保証のほうが向いています。コストの面でもかなり負担は減るでしょう。

与信管理のタイミング

このように与信管理は大切なことですがどのように行っていけばいいのか?一般的には新しい取引先がきまったときに行い、定期的に1~3か月おきなどに行い見直しをしておくと安心です。債権譲渡を行うときや債権担保融資、ファクタリングを利用することを考える前におこなうこともあります。経営の安定している会社とだけ付き合えていればこのような心配はないのでしょうが、そういう訳にはいきません。自社で与信管理体制を万全にし、リスクを最小限にして安心に取引ができるようにするのがお勧めです。