株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年10月11日 コラム

会社の成長のための5つのポイント

会社の成長のための5つのポイント

社長の基本的な仕事はなにか

中小企業の会社経営は社長の仕事がかなり重要となってきます。社長が本来すべきことをしていれば簡単に会社が落ち込むことはありません。このように中小企業の業績は社長の仕事の質で決まってくると言っても過言ではないのです。仕事といっても色々ありますが、最も重要なのは経営です。経営とは、営みを続けるということです。企業の永続性を確立していくことこそが経営者たる社長の仕事です。会社の将来はどうあるべきなのかという課題に真剣に考えていくだけで経営課題やアイデアなどがでてきますよね。そういったアイデアを実現していったり、経営課題を解決する方向に会社を変えていくために導いていかなければなりません。それは社長の重要な仕事です。このように経営をうまくおこなっていくことは難しいようにおもいますが5つの大切なポイントさえ押さえておけば大丈夫です。その5つを紹介します。

①数字を理解する

会社の数字を理解することは、業績が良好なのかそうではないのかを判断するためにしなければならない重要なポイントです。会社の数字には事業のすべての結果が表れています。中小企業に限らず大企業でも同じで、会社の数字は重要な情報です。会社の誰よりも数字を理解することが大切です。

②数字の制度をあげる

会社の数字の制度を上げることは理解するのと同じくらい欠かせない大切なポイントです。制度が低いと仕事のシドも低下してしまいます。数字の制度をあげるということは会計資料の制度があがるということです。会計資料とはある一定の期間内のすべての事業が数字で表されています。会計期間の事業活動と資料の整合性が高いほど優れた会計資料になります。

③目標をつくる

会社の成長のために目標を設定するのはなぜかというと、会社の成長は目標に向かって動いていくからです。その目標自体が間違っていれば会社も間違った方向にすすみ、経営が怠り会社は衰退してしまいます。

④目標達成のための計画づくり

目標が決まればあとは目標を目指して実行していくのみです。どうやったらその目標へ近づけるのかきちんと計画作りをしていく必要があります。

⑤企業の永続性の確立

会社の未来を考えることは社長の仕事です。社長以下の社員の役割は与えられた目の前の仕事をこなすので精一杯です。社長は重要な仕事として数年先という未来を見つめて、事業の持続的成長を確立していかなければならないのです。