株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年10月28日 コラム

手形払いを廃止するファクタリング活用術

手形払いを廃止するファクタリング活用術

手形払いのリスクについて

商売を行う上で手形払いが多く用いられている理由は、手元にキャッシュがなくても指定した期限を過ぎれば支払期限の延長が可能だったり、期限になると自動的に口座から引き落とされるため支払管理の手間が省けるというメリットがあるからです。ただ、一見便利と思える手形払いですが同時に不便なこともあるのです。その理由とは、手形の場合期限がくるまでキャッシュは受け取れないので入金されるまでの資金を確保しておくことが必要になるからです。さらに、手形の期限がくるタイミングを把握し、管理していくスキルも求められます。そして期限がきても相手の会社が倒産等をしてしまえば支払われないというリスクをおうことになります。

手形割引での早期現金化は?

手形払いは支払が期日まで行われないので、入金までに資金が不足してしまうこともあります。その場合手形を早期にキャッシュ化する手形割引を利用することもできます。手形割引とは、発行された手形を金融機関で手数料をひいた形により買取を行ってもらい、早期キャッシュ化する方法のことです。期日を待たなくてもキャッシュを手にすることができ便利ではありますが、問題なのは手形を振り出した相手企業が倒産してしまい決算がされなかった場合です。手形割引の場合、相手企業が倒産したときの債権の保証リスクを背負わなければなりません。なのでリスクがついての早期キャッシュ化となってしまうのです。

ファクタリングと手形割引の大きな違い

手形割引のようなリスクなく、手形払いのリスクまでも改善できるのがファクタリングです。ファクタリングは保有する売掛金をファクタリング専門業者に売却してキャッシュ化する方法です。手形割引と似ている取引ですね。ですが、ファクタリングは手形割引と大きく違う点があります。それは、債権の発行先企業が倒産してもその債権の保証をする必要は全くないという点です。さらに、手形は一部だけキャッシュ化することはできず、全額となってしまいますが、ファクタリングは売掛債権の一部のみをキャッシュ化させることができるので、リスクを負わずに必要な資金の金額に合わせた資金調達が可能となります。

非効率な手形払いを廃止しよう

ファクタリングを活用することにより、非効率な手形払いを廃止することで省ける手間やリスクは沢山あります。手形を発行する手間、期日を管理すること、領収書の所得等事務的な手間をかなり削減することが可能です。さらに、印紙税や手形を郵送する際の費用も削減できますね。