株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年11月6日 未分類

ビジネスローン・銀行融資に落ちたときは

ビジネスローン・銀行融資に落ちたときは

資金繰りに悩み、ビジネスローンを申し込んだけれど審査に落ちてしまったという方は多くいらっしゃいます。

支払いの期限が迫る中、できるだけスムーズに事業資金を確保したい場合、どうしたら良いのでしょうか。
銀行からの融資や、ビジネスローン以外の方法で資金調達を考えたときに挙げられる「ファクタリング」という方法を見てみましょう。

融資・ローンにおける審査とは

まず、銀行融資やビジネスローンについて。

銀行ではないノンバンク系のビジネスローンは、銀行融資に比べると審査に通りやすいと言われていますが、その分利息が高いことが一般的。
銀行からの融資の場合、審査が厳しく通りにくい一方、ビジネスローンに比べると金利が低く安心感があります。

どちらにも融資(ローン)を受ける上でのメリット・デメリットがありますが、そもそもこういった融資を受けたりローンを組むためには、まず「審査」が必要となります。

特に重要なのがこちら。
・返済能力
・経営者の信用情報

ローンはお金を借りることですので、当然返済能力が求められます。

また、どのような事業を行い、現在に至るまで運営をしてきたかという事業歴、またこの事業によって得た利益分の税金をきちんと納めているか、なども大きく関係しています。

資金調達、銀行融資以外の選択肢とは?

銀行融資の審査に落ちてしまい、その後ノンバンク系のビジネスローンを考えた場合。
審査に通るかどうかを重視してしまい、結果的に高い利息に悩まされてしまうことも少なくありません。

また、どちらの審査にも通らなかったという場合も、考えておかなくてはなりません。

そのような事態を避けるためにも、融資を受ける・ローンを組む以外の方法にて、資金調達を行うことを考えていきましょう。

審査落ちにも有効なファクタリングとは

ここで有用なのが「ファクタリング」。

主に海外で利用されている資金調達方法ではありますが、日本でも中小企業を中心に利用が増えています。
将来的に入金される予定の売上金(売掛金)をファクタリング企業に買い取ってもらうという方法です。

注意点としては、前述のとおり「売掛金(未収金)」がある場合のみ利用できること。
先にならないと入金されない売り上げを、先に資金化できるため資金繰りの方法として重宝されています。
売掛金、つまり今後入ってくることがわかっているため、銀行のような厳しい審査ではありません。

銀行やビジネスローンの審査に落ちてしまった場合、ファクタリングを検討してみると良いでしょう。