株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年11月8日 コラム

ファクタリングのイメージとは

ファクタリングのイメージとは

実際には資金繰りに悩んでいるという場合でも、取引先や周囲には知られたくないもの。
ただ、そうこうしているうちにどんどん経営状態が悪化する…ということも。

中小企業の場合、うまく資金繰りができず支払いが滞ってしまうことがありますが、その際に「ファクタリング」というサービスが大きな味方になることがあります。

ファクタリングという資金調達方法

今後入金される予定の売上金、つまり「売掛金」がある場合、ファクタリングを利用することができます。

売掛金を買い取ってもらい、すぐに資金化。
後ほど売掛先からファクタリング企業に支払いをしてもらうという方法にて、資金調達を行うものです。
融資やローンを組むわけではなく、とても合理的な方法で資金調達が可能になるため、中小企業にとっては大きな安心感を得られます。

ただ、この場合だとファクタリングを利用することが売掛先、つまり取引先に通知されることになります。
「ファクタリングを利用している」という事実が知られたくない、という事業主の方も少なくありません。

ファクタリングのイメージ

ファクタリングを利用するということは、もしかして資金繰りがうまくいっていないのでは、と思われる可能性はゼロではありません。
そのため、今後の取引に影響が出てしまうのではという懸念があります。

ファクタリングを行う際、一般的には売掛先とファクタリング企業との3社間でやり取りを行います。
そのため、ファクタリングを利用しているということは、相手の売掛先にも通知されることに。
イメージダウンを避けたい場合、どうしたら良いのでしょうか。

ファクタリング利用を知られないための方法

なんとか取引先にファクタリングの利用を知られたくないという場合、ファクタリング企業との2社間でやり取りが可能です。

つまり、直接ファクタリング企業に売掛金を買い取ってもらい、その後入金があったときに支払いを行うという方法です。
これなら取引先を一切介さないため、連絡も契約も行う必要がありません。

このように、2社間ファクタリングであれば相手に知られることなく、早期の資金調達が可能となります。

また、ファクタリングを行っていることが、資金繰りが苦しいというイコールではありません。
中小企業によってごくごく一般的に行われてきた事業資金の調達方法だと知っておきましょう。