株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年11月18日 コラム

経営者が把握しておくべき「資金繰り」とは?

経営者が把握しておくべき「資金繰り」とは?

会社を運営する上でまずこれがないといけないもの、それは「資金」です。

人を雇うにも、買い付けや仕入れをするにも、事業展開にも、何もかもに資金が必要になります。
運営をスムーズに行うために、事業者は資金繰りをうまく行っていく必要があります。

「資金繰り」の意味を把握・理解しておかなければ、たとえ黒字であったとしても会社の未来に不安が残ります。

資金繰りとは?

資金繰りとは、今後会社を運営するにあたって必要なお金の流れを把握すること。

たとえば。
今手元に運用のための資金があり、なおかつ月末になれば売上金が入ってくる状態。
それでも、月末になる前には大きな支払いがあるため手元の資金はマイナスになってしまう…というケースです。

月末入金予定の売上金は、当然月末にならないと手元には入ってきません。
このように、今後の企業運営のために使う資金の流れを知ることが、資金繰りです。

資金繰りをするために必要なこと

赤字が続けば当然資金繰りが悪化してしまいますし、売り上げが伸びれば資金繰りが好調になるということです。

当たり前のことではありますが、資金の流れや手元にある資金を把握しておかなければなりません。
実は、経営者が資金の流れを把握していないために経営が悪化してしまうことが多くあります。

まずは、運営を行う上で大切な「資金繰り」について、今一度考えてみましょう。

資金繰りの方法「ファクタリング」

資金繰りを行う方法のひとつとして挙げられるのが「ファクタリング」です。

ファクタリングとは、今後入金される予定の売上金(売掛金)を、ファクタリングを行う企業に買い取ってもらうことをいいます。
しばらく経たないと入金されなかったはずの売上金が現金化され、すぐに資金繰りを行うことができるように。

その後、実際に売上金の入金があったときに、ファクタリング企業に入金をする…という流れです。

海外ではごく一般的に行われている方法で、日本でも資金繰りに悩む中小企業が多く利用し始めています。

現状ではたとえ黒字だとしても、資金計画を見たときに回収が間に合わない・赤字になりそうだとわかることがあります。
そのようなときに諦めて借金をすることなく、ファクタリングのようにうまく資金繰りができる方法を知っておくことで、乗り切ることができるでしょう。