株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年11月22日 コラム

経営者様 支払いが迫るときは、 最短翌日利用可能な      「ファクタリング」

経営者様 支払いが迫るときは、 最短翌日利用可能な      「ファクタリング」

資金繰りを気にする中小企業の場合、先の支払いで頭を抱えてしまうことも多くあります。

来月に入ってくる予定の売上金があれば…という場面に遭遇した経営者は多く、そのたびに銀行からの融資を受けるということも。
ただ、銀行から融資を受けるためにはその都度審査が必要となりますので、実際に融資してもらうまでにかなり時間を要してしまいます。

もしも支払いまでに時間がない、という場合はどうしたら良いのでしょうか。

ローンの審査落ち、悩んだときは

赤字続きで資金不足に陥った際など、広く利用されているのが銀行融資・ノンバンク系のビジネスローンです。
しかし、これらを利用するためには返済能力や企業の経歴などを見る審査が必要となり、実際の借り入れまでに時間を要します。

また、審査に通らなかった場合はまた一から資金調達の方法を考えなくてはなりません。
もしも支払いの期日がすぐそこまで迫っている場合、再び違う銀行や業者に借り入れを申し込み
審査を行う時間は到底足りません。

そのようなときに便利なのが、ファクタリングです。

ファクタリングとは、入金期日前に売掛金を早期に現金化できるシステムです。

ファクタリングは最短翌日に利用可能

ファクタリングという資金調達方法は、利用するためにいくつかの条件が必要になりますが、業者によっては最短翌日で利用可能になることも。

資金調達といえば、前述のようなビジネスローンや銀行からの融資が一般的ですが、それを上回るかなりスピーディな対応となります。
そのため、支払い等で資金繰りが難しいという中小企業にとって、ファクタリングは事業資金を手元におくための有用な方法となっています。

支払いがすぐそこまで迫っているという状況、融資やローンの審査に通らなかったときなど、ファクタリングは銀行のような厳しい審査が行われないため、中小企業の心強い味方と言えます。

迅速な事業資金確保が可能

最短でファクタリングを利用するためには、売掛金のある取引先に対して、債権譲渡についての同意を得る必要があります。
同意が得られた場合、ファクタリングを行う企業と契約を結ぶことができるように。

ただ、売掛先の同意を得ずにファクタリングを利用する方法もあります。
こちらの方法は2社間ファクタリングと言いますが、それでも従来の入金日だった日よりも早く資金を得ることが可能です。

資金繰りに困ったとき、売掛金があることが条件となりますが、ファクタリングという方法を検討してみてはいかがでしょうか。