株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年11月27日 コラム

ファクタリングに「担保」は必要?

ファクタリングに「担保」は必要?

物の貸し借りを行うときに必ずと言って良いほど必要になるのが「担保」です。

金銭を借りる先が家族や親せきならともかく、質屋など第三者に金銭を借りる際には「信用」が必要だからです。

企業間での売掛金を買い取り、素早くお金を手に入れることができるファクタリング。
ファクタリングを利用するにあたって、担保は必要になるのでしょうか?

ファクタリングに担保は「必要なし」

結論から言えば、ファクタリングの利用には担保となるものは何も必要ありません。

通常、ファクタリングに限らず誰かに金銭を借りる場合には、前述のとおり信用が必要になります。
まったく何も知らない相手にお金を貸してほしいと言われても、すぐに貸すことができないのは、その人に対して信用も何もないからです。

だから、消費者金融や銀行の融資では信用できる部分を洗い出すためにしっかりと審査が行われますし、審査も厳しいのですね。

ファクタリングは、これらの融資とはまったく違う形になっているため、担保が必要ありません。
その理由を次で見てみましょう。

売掛金=実際の売り上げ=信用に

まず、改めてファクタリングの仕組みについて知っておきましょう。

ファクタリングは未回収の売掛金を、ファクタリング業者に買い取ってもらうというサービス。
未回収とは言え、売掛金は「実際の売り上げ」であり、貴重なお金になるものです。

なので、売掛金という実績(信用)がここにあるため、改めて信用に置き換えるための担保を用意する必要がないのです。

素早い対応で人気のファクタリング

ファクタリングは、買い取ってもらう売掛金のうち何%かの手数料が必要になるため、銀行融資よりは引かれてしまう額が多くなります。

ですが、担保を用意する必要がなく銀行融資よりもスピーディに買取に対応しているため、急いでいる場面でもかなり役立ちます。
しかも会社ができてまだ間もない…など、社会的な信用の有無があやふやという状況であっても、ファクタリングを利用できるのは大きなメリット。

このように、手数料が多少かかったとしても、対応が素早くわざわざ担保を用意する必要がないため、中小企業にとって「ファクタリング」という手段はかなり重宝されています。

担保と同じく、ファクタリングの利用にあたっては「保証人」も不要となっていることも大きなメリット。
売掛金の相手が倒産してしまったなど、万が一の際は買取の依頼側に負担がかかることがないため、利用をためらう必要がないことも注目されているポイントです。