株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年11月29日 コラム

ファクタリングの対象になる   売掛金は?

ファクタリングの対象になる   売掛金は?

まだ手元に入ってきていない売上金のことを「売掛金」と言います。
つまり、未回収の売り上げのことですね。

ちなみに、売掛金=債権と読み替えて説明されることが多いのですが、どちらも同じ意味です。

この売掛金を買い取ってもらうファクタリングにおいて、知っておきたいのが売掛金の種類です。
実は一口に売掛金とは言っても、さまざまな種類が。

では、ファクタリング業者に買い取ってもらうことができる売掛金の種類は、いったいどれくらいあるのでしょうか。

ファクタリング対象の売掛金(債権)】

ファクタリングは、まだ入金されていないけれど、今後入ってくることがわかっている売上金を「買い取り」してもらうことができる方法。

月末の入金までの資金繰りが苦しい…という中小企業にとって、すぐに手元にお金が入ってくる画期的なサービスと言えます。

さて、そんなファクタリングの買い取り対象になっている債権(売掛金)はさまざまなものが。

・売掛金
・運送料債権
・診療報酬債権
・介護報酬債権
・工事請負債権

このようなものが一例として挙げられます。

商品を売った・サービスを提供したという通常の売り上げとなる「売掛金」のほか、医療機関での診療報酬をファクタリングで買い取ってもらうことができる「医療報酬」。
同じように、介護保険が適用される老人ホームや介護サービスを行っている事業所に関連する「介護報酬」などが債権として、ファクタリング業者に買い取ってもらうことが可能です。

ファクタリングは、企業と企業の間を取り持つだけではなく、このように企業(医療機関)と社保・国保の間でも行うことができるようになっているのが特徴で、年々その需要は高まっていると言えます。

資金繰りに奔走する前に

特に介護報酬のように通常数か月先に入金されるような債権の場合は、資金繰りに四苦八苦している中小企業にとって心強いサービス。

入金までに必要経費がかかったり支払いがあるときには、滞りがあると会社の信用問題に関わってくることですから、できるだけスムーズに支払いできるようにしたいですね。
ファクタリングを利用することで、ギリギリだった資金繰りを解消することにつながります。
ファクタリング利用者の中には、一度のサービス利用で資金の流れをうまくコントロールできるようになったというパターンも。

前述のとおりサービスの対象となる売掛金の種類も多いため、まずは一度ファクタリング業者に相談してみてはいかがでしょうか。

ファクタリングとは、入金期日前に売掛金を早期に現金化できるシステムです。