株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2019年12月4日 コラム

ファクタリングは後ろめたくない!

ファクタリングは後ろめたくない!

企業間のサービス販売や商品販売において、入金はまとめて後日…というふうに「売掛金」という形をとることがよくあります。
売り上げが多くあっても、実際に入金されるまでに時間が空いてしまうと、急な支払いなどに対応できなくなることも。

そんなときに重宝されるのが「ファクタリング」というサービスです。

売掛金を買い取ってくれるため、従来の入金予定日よりも早く手元にお金が入ってくるというもの。
ただ、このサービスを利用することで相手企業に利用がばれてしまったり、会社としての信用問題に関わるのでは?と不安になる方も。

ファクタリングは後ろめたいことはなく、むしろ海外では当たり前に利用されているサービスだと知っておきましょう。

2社間ファクタリングで相手にも秘密裏に

まず、ファクタリングにはふたつの形態があります。

・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング

2社間ファクタリングの場合、ファクタリング業者と依頼をしたい企業とでやり取りを行います。
まず、契約を行うと業者から売掛金分を買い取った分の支払いが企業に向けて行われます。
これで、手元に従来よりも早くまとまった現金が。

その後、実際に売掛先の企業から入金があった後に、業者へ支払うという流れになっています。
そのため、2社間ファクタリングの場合は相手企業にファクタリング利用を知られることなく、サービスを利用できるように。

3社間ファクタリングだと、相手の企業から「ファクタリングを行います」という承認を得る必要があるため、通知が行われます。
つまり、取引先にファクタリングの利用が知られるため、資金繰りについて疑われるのでは…という不安が。

もしも相手に知られたくない場合には、通知を行わずにファクタリング業者との間のみでやり取りができる、2社間ファクタリングを利用することで解決できます。

信用情報にも問題なし

ファクタリングは貸金ではなく、あくまで債権の「売買(買取)」を行うため信用情報などに問題はありません。
貸金業を利用する場合には審査が必要になりますし、信用情報の共有を行うことになります。
しかし、ファクタリングならどこかにその情報が残るということもなく、利用する業者によって審査の基準も違っているため、受け入れ幅が大きいと言えます。

たとえば、銀行融資を断られた…という場合でも、売掛金さえあればファクタリングを利用可能に。

融資とは違い、ファクタリングなら相手企業に秘密裏にできることも安心感があり、中小企業にとって大きなメリットだと言えるでしょう。