株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2020年1月8日 コラム

個人でもファクタリングを利用できる?

個人でもファクタリングを利用できる?

中小企業の資金調達手段として注目されている、ファクタリング。

売掛金があれば、実際に入金されるよりも前に業者に買い取ってもらうことで、早期現金化が可能になるという仕組みです。
入金予定日より早く支払いがある場合など、資金繰りに悩む企業にとって非常に心強いのがファクタリングです。

このファクタリングですが、企業(法人)のみが利用できるというイメージがありますが、個人事業主・一般の個人では利用できないのでしょうか。
ファクタリングを個人で利用するケースと併せて、見てみましょう。

個人事業主のファクタリングが難しい理由

個人事業主の場合、中小企業と同じように資金繰りに悩み、ファクタリングを利用したい方は多いものです。

しかし、個人事業主がファクタリングを利用できる機会はかなり限られています。
その理由としては以下のとおりです。

・法人(企業)と違いリスクが高い
・与信審査が厳しくなる

ファクタリングは、簡単ではありますが審査があります。
契約内容によって異なりますが、売掛金を入金してもらう予定の企業を審査するか、もしくは自社の審査です。
この審査では「売掛債権を回収できるかどうか」が焦点となり、会社の運営状況や売掛金がきちんと支払えるかどうかが確認されます。

つまり、個人事業主の場合は法人と違い、そのリスクが高くなるため利用のハードルが高くなるのです。

個人事業主のファクタリングは「可能」

では、個人事業主はファクタリングを利用できないのでしょうか?

答えは、できます。

ただ、個人向けのファクタリングを利用できる業者は限られており、多くはやはり法人(企業)向けとなっています。
そのため、もし個人でファクタリングを利用したい場合は事前に対応しているかどうかをチェックしておきましょう。

個人(一般)向けのファクタリングも存在

ファクタリングは中小企業向けの売掛債権売買サービスです。
通常は企業向けであり、近年個人事業主に向けたサービスが少しずつ増えてきている状況です。

もうひとつ増えているのが、個人事業主でも中小企業でもない、一般の人に向けた個人ファクタリング。
「給料」を売掛債権として売買する「給料ファクタリング」が増えているのです。

毎月決まった期日に入ってくる給料を買い取ってもらう、いわば給料の前払いを受けるということ。
お金を工面しなくてはならなくなった場面で利用されることがありますが、個人向けのファクタリングかなりリスクが高く、避けたいところです。

業者も回収できないリスクを回避するため手数料が高くなりやすく、そもそも業者の中には悪徳業者が潜む可能性が高いと言えます。

ファクタリングは、企業の実績をもとに審査を行い、適切な手続きを経て売掛債権の売買を行うもの。
お金がすぐに必要だという個人が利用したい気持ちもわかりますが、リスクが高いものには手を出さないようにしましょう。