株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2020年1月15日 コラム

危険な給料ファクタリングとは

危険な給料ファクタリングとは

会社運営をするうえでもっとも頭を悩ませると言っても過言ではないのが、資金繰りです。
特に、収益が安定しづらい中小企業の場合、今後入ってくる予定の売掛金を先に現金化できる「ファクタリング」という仕組みが注目されています。

ファクタリングは企業向けのものとして周知されていましたが、近年では個人事業主にも対応している業者が増えています。

さらに驚くのが、企業ではなく一般の個人に対してもサービスを展開している業者が増えています。
それが「給料ファクタリング」です。

毎月決まった日にちに入ってくる給料をもとにしたファクタリングですが、実は給料ファクタリングが危険だと言われることがあります。
個人が利用できる給料ファクタリングの仕組み、そしてそのリスクについて見てみましょう。

給料ファクタリングとは

給料ファクタリングとは、文字通り毎月の給料を売掛債権として、ファクタリング業者に買い取ってもらうことをいいます。

○日に○○円の収入がある、とわかっている場合、これを売掛債権として扱って業者に買い取ってもらい、現金化するという仕組みです。
その後、実際に給料が入ったときに会社から直接業者に支払いをしてもらう方法(三者間ファクタリング)と、給料が入ってから自分で業者に振込を行う方法(二者間ファクタリング)とがあります。

一般的な企業ファクタリングと特に変わらない仕組みのように思えますが、どのようなところが違うのでしょうか?

悪質業者に注意、高リスクが理由とは

企業向けの一般的なファクタリングを行っていたり、実績のある業者の場合はまだ安心できるレベル。

しかし、中には法律の目をかいくぐった悪質なパターンも多くあり、実際に被害を訴えている人も増えています。

たとえば、このような文言。
「ブラックでもOK」
「秘密厳守」
「5分で振込」
など、お金に困っている人にとっては魅力的な言葉がずらり。

ギャンブルや借金などでお金を借りられなくなった、いわゆるブラックリストに載っている方も、ファクタリングなら「借金(貸金)」ではなく債権の「売買」のため、利用できるという抜け道があります。

給料ファクタリングを扱う悪徳業者の場合、甘い言葉でファクタリングを利用させ、その後法外な手数料(利息)をとるという方法があります。
つまり、いったんお金が手に入ったと喜ぶのもつかの間、実際には返済がかなり厳しい状態になっているということです。

給料ファクタリングには具体的な法規制がなく、法外な手数料を取り続けることは非常に悪質な行為です。

このような業者も存在しているため、給料ファクタリングの利用を検討している方は、その業者が悪徳業者ではないかをチェックしましょう。