株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2020年1月29日 コラム

保証ファクタリングとは

保証ファクタリングとは

売上があったとしても、実際に入金されて手元に資金がやってくるのはかなり先…。

そのようなときに、まだ経営がうまくいっていない中小企業は資金繰りに困る状況に陥ってしまいます。
これを防ぐことができるのが、ファクタリングです。

実は、一口にファクタリングとは言ってもさまざまな形で行われています。

今回はその中でも特殊な「保証ファクタリング」について見てみましょう。

保証ファクタリングとは?

取引をしている会社(売掛先)は、売掛債権や手形を使って支払いを行いますが、その支払いをファクタリング業者が保証するサービスです。

たとえば、もし取引先が突然倒産してしまったとき。
今後売上金が入金されるはずだったのに、それが履行されなくなってしまいます。
つまり、自社にとって重大なピンチです。

ここでぜひ利用したいのが「保証ファクタリング」です。

保証ファクタリングは、取引先(売掛先)の万が一に備えて、ファクタリング業者に補償をしてもらう形のファクタリングです。

一般的なファクタリングでも、もしファクタリングを利用中に売掛先が倒産してしまっても、代金を請求できなくなるリスクがあります。
この場合、事前に取引先への与信力(信用力)の審査が行われているため、自社がファクタリング業者に返金をする必要もなければ、補償をする必要もありません。
つまり、ファクタリング業者が損を被るという形になります。

保証ファクタリングと通常のファクタリングは、こうした万が一の事態への対応は同じように見えますが、どこが違うのでしょうか?

「買取」と「保証」の違い

やり方としては3社間ファクタリングとまったく同じように見えますが、通常の3社間ファクタリングと保証ファクタリングとではその「形態」が異なります。

3社間ファクタリングは、ローンでも融資でもなく債権の「売買」を行っています。
つまり、債権をファクタリング業者が「買取」している状態です。

これに対して保証ファクタリングは買取ではなく、あくまで「保証」です。

つまり、売掛先が倒産(破産)したり、民事再生手続きや任意整理に着手しない限り、この保証ファクタリングは利用できません。

保証ファクタリングで利用できるもの
・破産手続き
・民事再生手続き
・手形、または小切手の不渡り
・本店や本店事務所の閉鎖
・会社更生手続き

これらのように、売掛先が通常の業務ができなくなってしまう事態に陥った場合、保証ファクタリングを利用できるようになります。

通常のファクタリングとは違って「万が一」に備えたファクタリングであることを理解しておきましょう。