株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2020年4月27日 コラム

売掛金と未収金の違いについて

売掛金と未収金の違いについて

売掛金と未収金は似ているが異なりるもの

売掛金と未収金は似ているのでよく混同されがちですが、実際は全く異なるものです。共通している点が多いいことから間違われやすいようです。融資を受ける際に、売掛金と未収金について理解していることが大切なので、それぞれの特徴や違いを知っておくことが大切です。

売掛金とは

売掛金とは、営業活動から生じる債権のことをいいます。本業として提供している商品やサービスなどの売上で、まだ支払われていない入金予定の金額のことをいいます。この「売掛金」を理解するにはまずかけ取引について理解しなければなりません。日本で会社を経営していく上で主流なのが掛け取引です。簡単にいえば後払いのことです。商品やサービス提供などで代金が発生した場合、その都度支払うのではなく、決められた期間の分をまとめて期日に決済する方法です。会社同士の取引は、前払いや現金払いは少なくなっています。