株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2020年4月30日 コラム

さまざまな補助金について

さまざまな補助金について

①ものづくり補助金

日本経済を活性化していくためには、中小企業による革命的なサービス、ものづくりが必要不可欠です。そのため、政府でも中小企業の事業活動を後押ししていて、その中心的な政策となっているものが、革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金です。このものづくり補助金の対象となるものは、サービス開発、試作品の開発、設備投資などです。ものづくり補助金は毎年実施されていて、その年によって条件は異なっています。補助金の上限は、条件に応じて1000万円と500万円が基本となっているようです。たいしょうとなる経費のうち、三分の二以内が補助されるのが一般的です。

②分煙環境整備補助金

分煙環境整備補助金とは、東京都の補助金制度です。訪日外国人が増えていることや、インバウンド市場の拡大は経済活性化を目指すものとしてとても重要な政策です。東京都で外国人旅行者が快適に飲食店や宿泊施設を利用できるように分煙環境の整備に対する補助事業をおこなうのがこの制度です。なので補助対象者は、多言語対応に取り組む宿泊事業者や飲食業者が対象です。喫煙室の設置や分煙エリアの設備などの購入代金等に対して1施設に対して300万円が限度となっていて、対象経費の五分の四まで補助金が支給されるようです。

③小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金とは、小売業や卸売業で従業員が5名以下の小規模事業者が対象の補助金制度です。商工会議所などからの支援をうけながら経営計画に基づいて実施する販路開拓、生産性向上、業務効率化が対象です。補助金の限度額は、必要経費の三分の二以内という決まりがあり、ものづくり補助金と似ていますが、限度額は50万円と少額です。