株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2020年5月1日 コラム

中小企業税制について

中小企業税制について

中小企業税制とは

中小企業税制とは、損金で処理できる範囲をひろくしたり、一定の条件で税額こ控除したりするなどの特例を定めた制度です。中所企業税制が対象となる企業の条件は、基本的に資本金が1億円以下の法人になります。ですが、資本金が一億円以下の会社であっても、大法人の子会社などは対象外になったりと例外も設けられているようです。あらためて税制といわれると苦手意識をもつかたもいるとおもいますが、日ごろの日常でおこなっている取引先との食事を経費にするなども税制のひとつなのです。

いろいろな優遇税制

まず代表的な中小企業税制は、法人税の軽減税率です。現在では法人税の税率は原則23.4%となっていますが、中小法人の場合は年に800万円までの所得金額に対してのみですが税率が15%となります。つぎに紹介するのは、交際費の損金算入を紹介します。交際費は経費というイメージが一般的だと思いますが、これも現在大企業では原則として交際費の全額が損金ではないという扱いになっています。つまり交際費を使っても税金は安くならないということです。交際費とは取引先等との飲食代だけでなく、慰安、贈答などの行為のために支出した費用なのでお中元や冠婚葬祭の際に金品を渡したというような支出も含まれます。