株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2020年5月11日 コラム

不動産担保ローンについて

不動産担保ローンについて

低金利が魅力的?な不動産担保ローン

事業を行っていると、資金繰りが不安定な時期もあったり、必ずしも順調にいくとは限りません。そのような状況になったとき、改善方法として借り入れを検討すると思います。しかし、借入額が大きければ大きいほどその分利息の支払いも大きくなってしまいます。利息の負担を減らすためには、金利の低いローンを利用すること必要があります。比較的金利が低いといわれている不動産担保ローンについて紹介します。金利とは、借入の返済と別に利息を計算するために用いられるものです。金利は、〇〇%という形で示され、借入額や期間によって変動するのが一般的です。一般的に即日キャッシングが可能なスピーディーに対応できるタイプは金利が高くなる傾向があり、逆に審査に時間がかかったり、担保ありなどの条件があるものは金利が低くなる傾向があります。

変動金利と固定金利

金利は金融市場の動向によって変化しますが、大きく分けて金利の算出方法は変動金利と固定金利の2つがあります。固定金利とは、借り入れた際の金利が借り入れてる期間中、ずっと継続して適用されるタイプの金利です。金利が変わらないので計算がしやすく把握しやすいので、返済計画を立てやすくなります。しかし、情勢が変動し、大幅に金利が当初より低くなったとしても高い水準のままの金利で返済し続ける必要があります。変動金利とは、情勢によって定期的に金利が変動するタイプの金利です。半年に一回見直しが行われ、金利が下がれば返済額も少なくなりますが、逆に金利が上がってしまえば返済額は多くなってしまいます。

低金利な不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンは不動産を担保としている為、一般的な他のローンに比べると金利が低くなる傾向にあります。借り手の支払い能力だけでなく、不動産の価値が借り手の信用度を高める要素となるので、不動産の状況によっては低金利で億単位の資金の借り入れが実現する場合もあるのです。