株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2020年5月14日 コラム

ビジネスローンに担保が不要な理由

ビジネスローンに担保が不要な理由

ビジネスローンとは

黒字倒産という言葉があるように、会計上は黒字でも資金繰りによっては底をついてしまう場合もあります。そいういった場合や、一時的な資金不足等により融資が必要な時に便利なのがビジネスローンです。ビジネスローンは担保不要のものもあり、利用しやすいものもあります。ビジネスローンは企業向けのローンなので法人や個人事業主の方が事業資金として使用できるローンです。

担保が不要な理由

一般的に銀行や金融機関から資金調達をするときは担保が必要です。不動産を所得している人が不動産を担保にする不動産担保ローンなどがそのひとつです。担保とは、金融機関など資金を貸し出した側が、回収できなくなった場合に備えて、もしできなくなった場合に担保となるものを売却して資金を回収するために使用します。不動産担保ローンのように、不動産はいわゆる、「物的担保」というものにあたります。ですが、ビジネスローンは原則的に物的担保は不要となっているので、不動産や金融資産を持たずに資金調達をすることができるので利用しやすいローンです。ビジネスローンに物的担保が不要な理由は、別の担保が必要だからです。担保には、物的担保の他に人的担保といわれるものがあります。物的担保と同じように回収ができなかった場合に、代わりに支払ってもらうものです。人的担保とはいわゆる連帯保証人です。

担保がない為のデメリット

物的担保がない場合、不動産などの物的資産がないひとにはメリットを感じるかもしれませんが、デメリットとして担保がない場合は貸主のリスクがあがるので金利も高くなります。借り入れ希望額が少額なら物的担保不要のビジネスローンは使い勝手がいいですが、まとまった大きい金額が必要な場合は、金利が高いと利用しにくいので物的担保が必要なビジネスローンを選択することで金利を抑えることができると思います。