株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2020年5月20日 コラム

設備投資で中小企業が競争力を高めるためには

設備投資で中小企業が競争力を高めるためには

中小企業の設備投資の動向について

商工中金による調査によると、設備投資実績見込みがある企業は514%と3年続けて同水準のようです。設備投資の目的は、維持や補修、販売力増強、合理化や省力化、設備の代替えなどの理由が大体だと思います。逆に設備投資をしない理由は、現状維持が適正水準だったり、景気の行き先が不透明、借入の負担が大きいという理由が多いい用です。設備投資をしていない企業は半数以上が必要を感じていないようですが、その反面、三割以上の企業が経済環境の不安や資金不足から設備投資を行わない場合が多いようです。

設備投資の前に考えること

設備投資の効果は長期にわたって続きますが、場合によっては多額の借金が必要となることもあります。原価所客や金利もそうですが維持や修繕費などのコストや設備投資によって見込まれる新たな売上の増加や税金などを勘案して長期的な視点で計画していかなければなりません。長期の計画には、専門知識でみとうしがあったほうがよいので、必要に応じて経営コンサルタントや、会計事務所に依頼することも検討することが大切です。多額の資金が動く企業の場合、設備投資は経済全体にとってもおおきな効果が期待されるので、行政に優遇されることがあるので事前に確認しましょう。
例えば、法人税の場合、「中小企業等経営強化法に基づく税制措置」として、新規の設備や機器等を購入したり所得した企業は、固定資産税の軽減や、法人税の税額控除などの税制措置が受けられます。また、自治体が補助金を出していることもあり、市によっては最高1,000万円の助成金をだしてくれる制度もあるようです。

設備投資で競争力を高めること

企業が持つ設備は生産性に強く影響します。古い設備を改修すれば、業務の効率がよくなりますし、電気代などの経費や材料費などが削減できたりして、価格競争をたかめられる効果があります。特にIT関係の機器に関しては、技術革新が速いので、常に最新のシステムを利用していないと、新しいシステムを利用している企業には勝つことは難しいかもしれません。