株式会社三共サービス

0120-43-4140 かんたん査定

SankyoServiceのコラム

2020年8月11日 コラム

資金がショートしたときの立て直し方法

資金がショートしたときの立て直し方法

資金ショートとは

売上の規模に問わず、事業を行っていく上で知っていなければならないのが資金ショートについてです。資金ショートとは、様々な理由によって手元にキャッシュがなくなってしまうことをいいます。つまり、運転資金が底をつくことです。注意したいのは、売り上げが好調なときでも資金ショートはおこりうるということです。特に事業をはじめたばかりや、事業拡大を一気におこなった時期というのは危険です。資金ショートにおちいってしまうと、手元にキャッシュが一切ないために支払が滞ってしまいます。最初に直面する支払いの問題が税金の滞納です。特に事業が黒字に転換した翌年など、急激に売り上げがあがった翌年に直面する問題です。税金を滞納すると、差し押さえなどの厳しい処分を受けることになってしまいます。

資金ショートの原因

資金ショート状態になる原因として一番多いのが、売掛金に関するトラブルです。特に、売掛金が回収不可能になると死活問題となってしまいます。最も深刻なのが、取引先が倒産することです。商品やサービスをすでに提供している状況で取引先が倒産してしまうと、資金を回収することは不可能となってしまいます。また、回収の遅れも資金ショートにつながる問題となってしまいます。約束どおりの期日に支払ってもらえなければ一時的とはいえ資金ショートとなってしまいます。